忍者ブログ
交換鏈接請在這篇日誌下留言。
banner自取,請直連。
banner




PR
歳のことは考えたくないです。


之前的台式機用了六年終於不堪重負壽終正寢
因為中途加了個1T的內置硬盤,前幾天買了個2T的移動用了三天才把數據都備份好,所以說當年為什麼不直接買移動硬盤?
大學用的華碩筆記本→用了三年后買的自配台式機→用了六年又買的華碩筆記本,所以這個用個兩三年我也許又會配個台式機吧,說實話我個人是比較喜歡台式的因為我眼睛不好顯示器還是越大越方便
win10系統我記得當初好像被批得一無是處,用起來倒覺得還好,就是不太習慣,XP換win7的時候也不習慣過一陣子,應該用段時間就好

以及開始補兩年前的遊戲,穹之扉通關后再考慮要不要玩仙六吧,聽說仙七已經立項但我覺得自己對仙劍好像已經沒啥熱情了(當然讓我再把仙一玩個五六七八遍我還是樂意的,其他的就再看看吧
看著小說里別人描繪出來的十七歲,想著自己的十七歲,是什麼樣的呢?
以為不會忘記,不會忘記自己曾經那樣的孤獨、絕望,以為無論何時回頭都可以鮮明地看到那時的場景
十年已過,卻已經模糊得不可找尋,沒有那些強烈的情感,只剩下平淡到不可找尋的寂寞
自己的確是變了吧,不再那樣年輕了吧,再也無力去理會尖銳到疼痛的情感了吧
也變得冷漠了吧,無法笑得沒心沒肺,也無法嚎啕大哭了吧
有時回想起年幼的那個自己,覺得像是在看一個和自己毫無關聯的人。那種感覺真的有些可怕,明明從頭到腳都是如此熟悉,但是不一樣,甚至不用刻意去觀察就能知道
“怎麼就變成這樣一個人了呢?”
記憶中總是存在著這樣一句話,是誰曾這樣對我說過?是誰曾對我如此失望過?
是啊,為什麼會變成這樣?怎麼就變成這樣了?
連我自己都不知道該如何去解答的問題,我要如何去回答別人?

哪怕是在寫著這些的時候,我的內心都沒有太大的波動
若是以前,我這樣剖析自己的想法的時候一定會哭得寫不下去,現在,我只是覺得疲倦
肉體上的,精神上的
我只想踡縮在原地,屏蔽掉所有的視線和聲音,好好地睡上一覺
不用去在意追不上誰的腳步,不用去苦惱身邊是如何的荒涼
一無所有,卻又如此滿足的人生
おまえは後悔したのか。

出会ったことを。
出会ってしまったことを。

出会ってしまったのに、守ってやれなかったことを。

おまえは後悔したのか。

弱かった自分のことを。
弱かったくせに強がってた自分のことを。

弱かったせいで、守ってやれなかったことを。

おまえは後悔したのか。

幼すぎた自分のことを。
残酷なほど何も知らずにいたことを。

何も知らないのに、夢を語ってしまったことを。


おまえは、やはり後悔したのか。

それでも、おまえは。

弱いおまえのままで。
何も知らないおまえのままで。

会いにいくのか。
おれは、おれのことすきだっていってくれるひとのそばにいたい。
そしたら、おれもおれをすきになれるかもしれない。

だってそうだろう?
おれはこんなおれがだいきらいなのに、おまえはすきだっていってくれる。
すきになるところなにひとつみつからないのに、おまえはいっぱいみつけてくれる。

おまえのそばにいれば、おれもきっとおれをすきになる。
おれはおれをすきになるために、おまえのそばにいる。

こんなことおまえにつたえたら、おまえはおれをきらいになるのか?
おまえは、おれからはなれていくのか?

そしたら、おれも、おれをすきになれなくても、いきていけるんだな。

だから、どうか。

おれのこと「  」になって。

おれを、「 」して。
もうすぐ夏です。

ずっと子供でいたかった。気づけば、もうこんなにも、遠いですね。
こうやって一人になっていくって、私は知っている。
HOME 次のページ
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]
博客內搜索
自我介紹


大齡NEET♀
偶爾入個坑寫點文
MMD入門3D建模學習中

聯繫方式
Twitter:devil_shun
weibo:某瞬_不定期失踪

详细请看置顶日志
最新評論
[05/27 Asako Sato]
[09/18 雪鹰领主]
[05/24 R]
[06/07 进击的三酱]
[06/01 进击的三酱]
留言板
鏈接
Smiley*2
足跡


free counters